スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2017.03.18 Saturday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    <現在のスタッフ募集状況>

    0

      現在レトロメトロバックパッカーズではスタッフの募集は行っておりません。

      次回募集をかける際は本ブログにてお知らせ予定です。

      少人数での運営で、欠員が出次第その都度募集しておりますので、次がいつになるかはお答えできかねません。

      これまでは半年〜1年に1度程度で募集しております。

       

       


      ロッカーとタオルをつけました

      0

        こんにちは。

        すっかり求人以外の普通のブログを書いていなくて、緊張します。

         

        今日は変更した設備について紹介したいと思います。

         

        まず、新しくベッドわきにロッカーを設置しました。

        今まで通り、リビングにある大工さんお手製の小さなロッカーと、チェックイン前・チェックアウト後にお預かりする大きい荷物も入れられる倉庫もご利用いただけます。

         

        新しく設置したものは、ベッド脇にあるので就寝中の利用が便利です。

        デイパックまでの大きさなら入れられると思いますが、スーツケースや大きなバックパックすべてを収納するには小さすぎるとは思いますが、PCなども入る大きさなので連泊中も安心です。

         

         

        写真は英語ですが、日本語の利用説明もございます。

        ご自身で番号を設定していただくので、鍵の紛失の心配はありません。

        番号は忘れないようお願いします。

         

         

        それからミニタオルを無料で提供はじめました。

        これまで通り、バスタオルは100円でレンタルしています。

         

        ミニタオルは、普通のフェイスタオルのサイズです。

        4連泊以上の方は途中で新しいタオルに変更可能です。

         

         

        タオル

         

        ひろげるとこんなサイズ。枕より大きいくらい。

        タオル2


        わっかがあるのでフックにかけられます。

         

        これはすごく迷いました。

        迷っているので、とりあえず半年くらいやってみてやめる可能性もあります。

         

        バックパッカーや旅人にたくさん泊まってほしいなあと思って営業しているので、ホテルのような至れり尽くせりのサービスは最低限にしてなるべくの低価格でできるようにしたいのです。

        ですが、タオルはあっても喜ばれるのではないかな。。。いや違うかな・・と迷ってます。

        迷う理由はもうひとつ。こういう備品はがなくなるのが悲しいから。

         

        きっとわざとではない、と信じているので、どうかどうか、タオルは持って帰らないよう、どうしてもほしい時は購入場所お教えするので言ってくださるようお願いします。

         

        タオルではないですが、軒先の観葉植物も忘れたころに盗まれます。

        そっちは確実に窃盗なので豆腐にぶつかって〇×んじまえ〜と呪っておきました。

         

         

         


        お話をミニタオルに戻して。

        こんな精神苦痛を防ぎたく、各タオルにベッドの場所とレトロメトロバックパッカーズの名前を入れて、それから便利なようにとリボンの輪っかを縫い付けてフックにかけられるようにもしました。

        ミシンやアイロンで夜な夜な作業しました。裁縫自体は得意ではないですが、こういう地味な仕事は好きです。

        バスタオルではなくミニタオルにしたのは、乾くスピードを考えて。

        バスタオルって普通に暮らしていて使うことがあまりなくて、邪魔だし、乾かないし、一回使って洗濯するのももったいないし。

        銭湯も手ぬぐい一枚で全て済ませられるし・・・

        バックパッカーでタオルを持っている人も、これから飛行機に乗るっていうときは直前にシャワー浴びたいと思うし、でもその濡れたタオルをバックパックにつめるのはやだろうなー

        旅して洗濯物ためにためていっきに洗いたいなら、洗濯中はお風呂にはいりたいだろうなー、レンタルするほどじゃなくてもかわりのタオルほしいだろうなー

        と思い試してみることにしました。

         

         


        浅草ごはん ourbs

        0
          こんにちは。
          すっかり前回の更新から時間がたってしまいましたが・・・

          久しぶりに、お気に入りのお店紹介。
          隅田川のすぐそばにある、ourbsさん。アワヴス、と読みます。



          ランチの看板に誘われます



          内装は全てオーナーさんらの手によるものだそうで、これがどこを見ても、ほれぼれしてしまう。
          テーブルなども部品やタイルを輸入して手作りされたとのことで、こだわりが感じられます。うっとり。
          吹き抜けになっていて、2階からは1階のカウンターが見えます。
          そして、2階ではお洋服も買えるのです。こちらもお店の方が仕入れてきた輸入物。
          先日私はスカートに一目ぼれ、ご購入してしまいましたよー。







          内装ももちろんですが、私はちゃんとおいしいカフェが好きで、
          ourbsさんも、そのひとつ。ごはんがおいしい。
          それからちゃんとおなかいっぱいになる!
          毎週特別メニューが出ているので、行くたびに迷ってしまう・・。
          ランチは1000円くらいでドリンクのセット、+いくらかでデザートもいただけます。
          雷門にも隅田川にも近い抜群の立地でこのお値段で、おいしくって、嬉しいことづくめ。
          私はランチしか行ったことがないのですが、夜もおいしいお酒が飲めると評判。





          そして、ほんとにですね、居心地がよいのです。
          2階の1部の席からは隅田川が見渡せて、桜の季節はお花見できました◎
          カフェって女子がいっぱいで行きづらい・・・という男性諸君にこそおすすめ。
          スタッフさんたちのかっこいいけど飾らない感じがよくって、男性でも肩身の狭い思いをすることはないですよー。


          最後に、あらゆるところにちりばめられたタイル。
          ついつい色々写真を撮ってしまいました。
          いったい何種類仕入れたんだろう。
          これぜんぶ選んで買って施工たんですね・・選ぶって本当に時間がかかるんですよね。
          愛情が伺えます。










          ourbs(アワヴス)
          http://www.ourbs.jp/
          定休 火曜日、 第2・3水曜日
          LUNCH 11:30 - 15:00 L.O.14:30 DINNER 17:30 - 23:00 L.O.22:30
          〒111-0033 東京都台東区 花川戸1-12-4 1F (入口は隅田川沿いにあります。あれ?ドアない?と思ったら、反対側にまわって下さいねー!)

           

          浅草ごはん Cafe Otonova

          0
            なんと、まあ、3か月もブログ放置していた。

            まあ、更新することを目標にしているわけではないので別に問題ではないのだけど、

            ちょっとさみしい感じ。

            ずっと紹介しよう、しようと思っていたご近所のごはんやさんをやっとこさ紹介しますね。

            レトロメトロから徒歩4分くらいのところにある、Otonovaさん。




            いつもふらっと、お昼に行くのです。

            何が好きって、ごはんがちゃんと食べれて、しかもおいしいこと。

            あったかいごはんをしっかり食べられる、近所のカフェは、とてもありがたい。




            平日のランチは1000円前後でメインプレート、ドリンクが選べるセット。サラダ付。

            土日のランチは1500円前後で上記にプラスデザートのセット。

            時々食べられる浅草の人気製麺所・ 開花楼の麺を使ったパスタメニューがとてもおいしいので、その日にあたったら必ずパスタを注文する。
            (上の写真のパスタは違います)

            カレーやハンバーグなど定番メニューも、どれもちゃんとおいしい。

            夜はお酒も充実。

            カクテルや輸入物のビールも豊富。

            私は飲まないので詳しくないけれど、ワインリストも充実している様子。









            お店はキャッシュオン方式で、1階のカウンターで注文・支払いをしたら、2階でも1階でもお好きな席へ。
            こういうさくっとした感じが入りやすくて好き。
            こないだは雑誌を持ち込んだ。わたしの好きなタモリの特集号だったので、同じタモリ好きの奥さんが食いつき、わいわい。


            でも基本的にほっておいてくれるので、そういうとこが好きです。



            吹き抜けになっており、1階の真ん中に大きな花瓶とグリーン。




            1階にはなんとDJブース。
            音楽好きのシェフだそうで。










            Cafe Otonova (カフェ オトノヴァ)
            http://www.cafeotonova.net/
            東京都台東区西浅草3丁目10−4
            営業時間 月〜水: 12:00-23:00 金〜土: 12:00-23:00 日: 12:00-21:00

            萩に行ってきた話。

            0
              こんにちは、オーナー山崎です。

              日記にするには遅すぎるくらい前の話なんですが、半年前、山口県の萩(はぎ)市に行ってきました。

              その時のことが、本当に楽しくて、心穏やかな日々で、なんだかうまく文章にできる気がしなかったので書かずにいました。

              でも行った目的というのがお友達がオープンした宿の改装お手伝いだったので、やっぱりみなさんにも知ってほしいなと思って少しだけ、、、きっとうまく伝わらないので、写真だけでも少しだけ紹介していきます。

              萩、とってもいいとこなんですよ。



              ゲストハウスに使う木を譲ってもらいに森へ行く。


              その足で中弦さんの家具工房へ。大人の秘密基地。
              中原木材










              もちろん現場もお手伝い。


              萩焼の窯元のひとつ、大家窯さん。
              窯も工房もギャラリーも山もおうちも、生活も人も。ここにぎゅっと詰まっていて、なぜだかとても、自然に全部が収まっていて。素敵な場所。












              萩は海の街。







              おいしいごはん処たくさん。
              ゲストハウス近くのMARUはどれを食べてもおいしい。がっつく二人。

              うに大好き


              次のお店は是非、ゲストハウスで直接聞いてみて下さい。
              出迎えるパンダ、安すぎるメニューの、スナック。










              rucoはバスセソター・・・ではなくバスセンターのすぐ近く。
              3日間、手すりに革を縫い付ける作業をさせてもらった。
              ゲストハウスに行く人は、この手すりも見てみて下さいね。
              手縫いですから!






              萩ゲストハウスruco
              ここに泊まりに行けば、もっともっと萩の魅力もわかります。
              何も決めずに行って大丈夫。オーナーがきっと教えてくれます。2泊はした方がいいかも!
              rucoのことほぼ書いてないけど、直接泊って宿の魅力も味わってきてください。


              どうしても我慢できない人には、こちらがおすすめ記事↓
              rucoのデザインをしたアズノタダフミ君の完成レポート。http://t-azuno.com/?p=1752
               

              インド料理・タイ料理・中華料理

              0
                お久しぶりです〜。
                3月いっぱいでレトロメトロを去ることになったスタッフの井上航です。

                今後のことや、働いていた1年間のことは、別の機会にブログやFacebookで文章を書きたいと思っています。が、とりあえずみなさん3月7日(金)8日(土)は開けておいてください! レトロメトロの2周年パーティですよ。まったりお話しましょう。以下、詳細です。

                【Retrometro Backpackers 2nd Anniversary】
                https://www.facebook.com/photo.php?fbid=616677668381869&set=a.393753467340958.79677.247060442010262&type=1&stream_ref=10

                今回の浅草ごはんブログは「レトロメトロご近所シリーズ」と題しまして、宿から徒歩5分圏内、国際色豊かなレストランを3本立てでご紹介します。レトロメトロにいらっしゃったことのある方なら、いずれも一度は見かけたことがあるお店だと思います。


                1つ目は、レトロメトロから徒歩5分、田原町駅のすぐそばにあるインド料理【PANAS】です。
                田原町駅から歩いてレトロメトロへ向かう途中の商店街、ドトールとファミリーマートの中間くらいにあって、ずっと気になっていたお店に行きました。オープンしたのが昨年の8月。店長?が道路で熱心にチラシを配っているのをよく見かけます。オレンジの看板が印象的。



                薬膳とは…。ひとまず入ってみると、清潔感のある店内。広い。



                テーブル席が多く設置されているので、大人数でも充分に入れそうです。
                薬膳カレーメニュー。ランチは全てナンorライス、サラダ、ドリンク付き。



                (画像の回転がわからず…見にくくてすいません)

                ベジタブル・シーフード系のヘルシーなメニューが多い。ジャガイモカレーとか気になりますね。
                僕は定番メニューっぽい680円の「ダルカレーセット」を頼みました。れんず豆?のカレー。



                サラダは食べてしまいました。カレーはあっさり味付け。ギトギトしてなくて良かったd。
                ナン。ナンがうまい。食感がちょうど良いというか、芳ばしさが1口ごとに溢れてきました。ナンだけでも食べたくなっちゃいそうです。

                まだオープンしたばかりの頃に行ったので店内は空いていましたが、女性が数名、1人でランチを食べていました。
                のんびり食べられて満足。夜も23時までやっているので、インドビールを一杯飲みながら…とかも楽しめそうです。

                キーワードは「あっさりカレー」

                ---------------------------------------------------------------------------------

                2つ目は、レトロメトロを左に出て、徒歩20秒? タイ料理屋【JIM JAM】 近過ぎて計測不能。



                よくある「ランチやってます」のぼりが目印です。
                ちょうど常連客っぽい日本人男性と入れ違いにお店に入りました。



                家、みたいな店内。奥は座敷? 友達の家に夕飯を食べに来たって雰囲気です。



                メニューはタイ料理といえばこれ!なものから、これは一体…?というものまで。値段は600円〜1000円くらいです。

                カレーが食べたい! と思って、またカレーを頼んでしまいました。
                (このブログ、カレーが3回、連続してますね…)

                まずは前菜。どん。


                東南アジアな香り漂う生春巻きでございます。ぷるぷるヘルシー。



                メニューの名前を忘れました、、グリーンカレーではなくて、ジャガイモがごろっと入ってるチキンベースのカレーでした。
                タイ料理といえば、辛そうなイメージがありますが、どちらかというと「甘さ」が残る味付けでした。

                右端の青っぽいデザートは、紫陽花の茎だったかな? 砂糖で煮付けてあるみたい。

                サブタイトルは「タイの親戚の家に遊びにきた」

                ---------------------------------------------------------------------------------

                最後はとっておき。レトロメトロを左に出てすぐの十字路を左折、徒歩30秒、右手の角の【十八番】を紹介します。ずっと行きたくて、先週、昼休憩の合間に小走りに行ってきました。これはレトロメトロへ帰る向きで撮った外観。


                入り口の、雑多な感じがたまりません…。



                入ったのは13時過ぎくらいだからお昼時ではあるんだけど、めっちゃ混んでる。
                近所の常連さんが多いような雰囲気。おばあちゃんが1人で食べに来たりしてました。カウンター6席くらいとテーブル席が3つ。「相席でもいいですか?」と言われてテーブル席に通されましたが、終始1人。



                ピンクの電話とか、昔おばあちゃんちにあったなぁ。
                ミシュランのおじさんみたいな置物は一体… (→とんねるずさんの、某テレビ番組の、某コーナーの、あれです。オーナー補足。)



                メニューは、ほんと何でもあります。コンプリートするのに30年くらいかかりそうです。
                どれも捨てがたい…「ぶためし300円」とか絶対うまいと思う。おつまみも充実してて、紹興酒やビールもある。夜しっぽり飲みにきたい。米が食べたかったので「かに玉定食」を食べました。



                うまい!!!!!
                ほんとにうまかった。びっくりした。

                身体の細胞が一斉に活動を始める。元気がみなぎってくる。そんな1口1口を味わいながら食べました。
                かに玉の上のグリーンピースが1人、島から落ちそうになってるのとかもいいし、スープの塩加減とかも良かったし。味付けはどっちかっていうとあっさりめ。あー、、もう一度食べたい…。

                僕の父親が昔よく、レンゲの呼び方を忘れて「レンゲだっけ? スミレだっけ?」と、ラーメンを食べるたびに言っていたなぁ。
                そのせいで、別段間違えるはずもないのに、今でも時々、スミレって単語が一瞬脳裏をよぎる。

                余談ですが、最近、中華料理屋の接客に興味があります。
                地元・千葉のいくつかのお店もそうなんだけど、中華料理屋独特の接客の「間」というか、適度なスピード感がある気がします。屈託ないおばちゃんとか、黙々と中華鍋ゆするおじさんとか、常連さんとの何気ない交流とか。それは見て聞いていて心地よくて、中華料理本来の作り方とかが影響してるのかな??とか考えてます。詳しい方教えてください。

                そんなわけで、レトロメトロにいるのは残り1ヶ月ですが、浅草のご飯処、もっと開拓してから去りたいなぁ。
                また宿でお会いしましょう。

                井上航


                【PANAS インド料理】
                ランチ 11:00〜16:30
                ディナー 16:30〜23:00
                東京都台東区西浅草1-7-18 シノビル 1F

                【JIM JAM タイ料理】
                (詳細不明)
                東京都台東区西浅草2-8

                【十八番 中華料理】
                11:00〜16:00,17:00〜21:00
                休み➡日曜、祝祭日
                東京都台東区西浅草2-18-7

                2013〜2014 年越し 

                0
                  ちょっと時間がたってしまいましたが、
                  年越しの様子をブログに残しておきたいので今更ながら更新します。

                  いつも通り、夕方から鍋でわいわい。
                  UKの子、韓国の子、香港の子、台湾の子、ブルガリアの子、あとご近所のお友達とわいわい。
                  連泊中の子も、途中でチェックインした子もすぐに鍋をかこんでほっこり。

                  そしていつもは置かないテレビを持ってきて、紅白を横目に見つつ。






                  近所の宿(Nui.)のスタッフさんたちも年末のご挨拶に立ち寄ってくれました。
                  ことしもよろしくね。



                  外から。外は寒いけど中はほかほか。





                  あったまったら、除夜の鐘ならしに近所のお寺さんに出発。
                  立派なお寺さんなのに浅草寺みたいに全然混んでない、素敵!





                  前の人のを見様見真似で。



                  順番がきたのでいよいよ鐘つきー。
                  相変わらず大きな鐘。
                  お寺の方が付き方を教えてくれます。




                  記念カードとふるまい酒をもらって、終了ー。


                  無事年も越して、遊び足りないメンバーで浅草寺方面にお散歩。
                  この夜だけは雷門通りはホコ天になります。せっかくなので道路の真ん中を練り歩く。
                  みんなまだまだ元気ー。
                  ちなみに年越しの深夜は都内の電車は朝まで動いてます。






                  一通り歩き回って、解散ー。
                  最後まで残ったみんなで記念写真。
                  夜遅くまでほんとにみんな、ありがとうー。









                  異国で過ごす年越しってどんな感じでしょうね。
                  私は経験したことがないのでわからないけど、きっと特別な経験になるかもって期待してきてくれてると思う。
                  鍋したり、みんなでそわそわしたり、ふとそういう場所に自分がいられてうれしいなと思う。
                  全部の瞬間を覚えていることは無理で、きっといつか忘れてしまうことがほとんどで、
                  でも、誰かの思い出に残るかなって思うと、そんな瞬間がとても愛しくて、そこにいることがうれしくて、宿、やってよかったなと思う。
                  みんな、楽しく過ごしてくれたかな。
                  たまに、思い出してくれるかな。
                  そんなことばっかり妄想して宿やってます。
                  ちょっと何言ってるかわからないですね、ごめんなさい。
                  来年も、それからこれからの毎日も、誰かにとって少し特別で、いい思い出のひとつになってくれたらいいな。

                  12月28日(土) 大掃除!

                  0
                    こんにちは、山崎です。

                    今年も残すところあと1か月!
                    12月のイベントといえば、大晦日。今年もほっこり鍋を囲んで初詣に行きます。

                    でもその前に、大掃除!

                    12月28日(土) 朝10時から午後3時まで大掃除します。
                    わたしと、アルバイト航君と、ヘルパーおぐちゃん。
                    プラス、もし時間あるよーって方がいれば、午前だけや午後だけでもOKなので一緒に掃除しませんか?
                    いつもは見れないスタッフルームとか、レセプション内とか、掃除します。
                    お昼の準備があるので、いいよーって方はブログコメントやfb等に参加表明ください◎


                    そうそう、お昼ご飯を一緒に食べましょー。
                    それくらいしか出来ずにすみません。おいしいものご用意できるよう頑張ります◎

                    あとスタッフの年内最終出勤なので、是非会いに来てくださいませ。

                    去年は腰痛でなんと1日寝込んでしまった私ですが、今年はがんばります :(



                    いろいろ引っ張り出して乾燥機にかけたり干したりしたい・・・


                    インド料理 タントラ

                    0
                      こんにちは。すっかり日も短くなって身の周りの構成物質の60%くらいはもう冬の気分です。

                      この前、欲しかったLed Zeppelinの「Presence」というアルバムを中古CD屋で見つけました。
                      「Time out TOKYO」のインタビュー記事でミュージシャンのJim O'Rourkeが紹介してたのを読んでから
                      気になっていたCDです。

                      しかし最近、中学1年生の頃から使ってるMD&CDコンポが壊れてしまって、電源が5回に1回くらいしか入らない。
                      10年で壊れるように作られている云々と言われるなんちゃらタイマーってやつを変に実感しています。

                      少し急ぎ足で家に帰ってCDを入れる。
                      電源入るかな、、とそわそわしていたら、コンポが動き出しました。

                      1曲目「Achilles Last Stand」が流れ始めたときは久々にどきどき。
                      中学の頃、夢中でミッシェルとかイエモンを聴いていたのを思い出します。日本のポップスみたいに聴きやすいわけではないけれど、音の先にある広大な感性を感じました。3回目でかっこよさがわかるアルバムこそ名盤な気がしているので、これからじっくり聴き込んでいこうと思います。そんなわけでハードロックな気分のスタッフ井上航です。

                      前置き長くてすいません…。


                      今回は「ワンコインでインドカレーが食べられる」という噂を聞きつけて、種子尾さんと2人で仕事終わりに探してきました。(8月末のことですが)



                      レトロメトロからスカイツリー目指して真っすぐ歩いて、松屋(東武浅草駅)を抜けた道を左に曲がると高架線下に「500円」という文字が見えてきました。線路の下なのでわかりやすかったです。(雷門から「仲店通り」が切れるところまで歩いて右にまっすぐ歩いても着きます)レトロメトロで配ってる「バックパッカーズMAP」でも範囲内なので場所教えます。



                      本場のカレー。
                      インド料理。



                      カレーとナンorライスのセット。
                      すごい、ほんとに500円だ。しかも種類多い!
                      この手のカレー屋は至るところにあるけれど500円から食べられる店は聞いたことない。

                      でもせっかくだし、サラダ、スープ、ドリンクが付いている750円のセットを頼みました。



                      バターチキンとマトンカレー。あとマンゴージュース。うまい。
                      ナンのぱりぱり具合がちょうどいい。辛さも調整できるみたいです。



                      水のボトルに各国の言葉で「水」って書いてあるのが観光地・浅草っぽくておもしろかった。

                      店内にネパールの写真とかがあるんで、店員さんに聞いてみると、日本にインドのコックってのはほとんどいないそう。というか本場インドでもインド人がやってるカレー屋さんってのはあんまりないらしい。驚き。

                      僕の地元の千葉にはなぜかインド・ネパール系のカレー屋さんがすごく多くて(全国的にそうなのかな?)昔から馴染みのある食べものになっています。インドもネパールも違いはよくわかりませんが、スパイシーで食欲をそそるカレーはときどき食べたくなっちゃいます。

                      最近レトロメトロ最寄りの田原町駅に行く途中に新しいカレー屋さんができたみたいなので行ってみようと思います。

                      カレー食べたい…



                      【インド料理 タントラ】

                      東京都台東区花川戸1-10-16
                      TEL:03-3845-8454

                      営業時間:11時〜22時 定休日なし

                      食べログ:http://tabelog.com/tokyo/A1311/A131102/13047018/

                      浅草 浪花家

                      0
                        こんにちは。毎週西千葉から通っているスタッフの井上航です。

                        突然ですが、西千葉という町を投げやりに紹介します。
                        3月まで通ってた大学があって、実家の稲毛から自転車で15分で、定食屋と居酒屋が多くて、こじんまりした快速電車の停まらないローカルシティです。特に語りたいことがあるわけではないのですが、夜は近所のバーで弾き語りライブ、大学生がDJしたりするイベントも千葉であるみたいで、ひとつも参加予定はないけど、金曜日夜ではしゃぐ人たちを横目で見てるのは好きなので、西千葉に言及してみたくなりました。千葉方面に来る機会があれば連絡ください。

                        今回は、もう2ヶ月も前になりますね、ちょうど8月9月とヘルパーをやっていた種子尾さんが浅草に到着した日のことを書きます。突き刺さる日差しの中、雷門通りの老舗「尾張屋」に行きました。



                        2階の座敷席で定番の天ぷらそばを食べながら、今日からお世話になる種子尾さんのイタリア話などを聞きました。



                        海老天がでかいです。1300円くらいだったかな。
                        味がしっかり付いてる。これが下町の味か!

                        ごちそうさま!

                        なえさんは午後から仕事があるので、新旧ヘルパーと3人で浅草で一番お気に入りのたい焼き屋「浪花家」であんみつを食べました。レトロメトロから国際通りに出て左折、ROX沿いの道を歩けば5分くらいで着きます。



                        めっちゃ具沢山で600円。
                        たい焼きの持ち帰りももちろんできるのですが、是非席に腰を落ち着けて500円のお茶セットを頼んで欲しいです。1枚1枚丁寧に焼かれたたい焼きは外はパリパリ、あんこがどっさり入っていて浅草散策にはもってこいです。150円。

                        種子尾さんはどーんと大盛りのかき氷を食べていましたが、写真を撮るのを忘れました。ほんとにびっくりするくらいでかいし、綺麗なフォルムのかき氷です。来年の夏に食べよう! うどんも何種類かあって食事もできます。

                        ちなみに「浪花家」は麻布十番に本店があって、あの「およげ、たい焼きくん」のモデルにもなっています。



                        一昨年? 齋藤陽道さんという写真家のワークショップに参加しました。
                        耳栓をして、音が聞こえない中で写真を撮って、その感覚を話し合うという内容で、その開催場所が浪花家でした。齋藤さんがたい焼き好きだそうで。ワークショップの最後には抹茶とたい焼きのセットが出てきて、とても印象に残っています。

                        4月にレトロメトロで働き始めた初日の話。
                        近所の老舗「染太郎」でお好み焼きを食べた後、浪花家に行って、卑しくもたい焼きを3コ買ってもらったことを思い出します。我ながら図々しくて少し恥ずかしい話です。

                        そんな思い出の沢山詰まった、たい焼き屋。

                        8月はちょうど齋藤さんの展示をやっていて、まったり過ごしました。前々ヘルパーのあっこが写真集を見ています。



                        たい焼き屋で写真展?と最初はびっくりしましたが、たい焼きからイメージする昔ながらの〜とは違うしゅっとした内装で、そのギャップも相まってしっくりくるのかもしれません。写真家の集まるたい焼き屋。

                        いつか浪花家で写真展できたら楽しそうだなぁ〜とぼんやり思っています。
                        それでは。



                        【浅草 尾張屋】

                        〒111-0032 東京都台東区浅草1-7-1
                        営業時間(平日) 11:30 〜 20:30 (ラストオーダー: 20:30)
                        営業時間(土日祝) 11:30 〜 20:30 (ラストオーダー: 20:30)

                        http://asakusa-ryoin.jp/owariya/


                        【浅草 浪花家】

                        〒111-0032
                        東京都台東区浅草2-12-4
                        03-3842-0988
                        営業時間 10:00~19:00

                        http://a-naniwaya.com/
                         


                        calendar

                        S M T W T F S
                              1
                        2345678
                        9101112131415
                        16171819202122
                        23242526272829
                        3031     
                        << July 2017 >>


                                         


                        selected entries

                        categories

                        archives

                        recent comment

                        links

                        profile

                        search this site.

                        others

                        mobile

                        qrcode

                        powered

                        無料ブログ作成サービス JUGEM

                        PR

                        recommend